故人の親しい人のみで行なう葬儀|家族葬を行なうときの注意点とは

女性

お葬式の二極化

数珠

最期は家族に囲まれて

現在、葬儀の在り方が大きく変わろうとしています。故人の生前の功績を称えて立派なお葬式を挙げる人がいる一方で、細やかな葬儀を希望する人も増えているのです。特に東京ではその傾向が顕著です。東京都内にはメモリアルホールが数多く存在しています。そして、その殆どが小規模な葬儀や家族葬に対応した会場を備えているのです。以前は、会場を借りてのお葬式は、盛大なものが多かったのですが、東京では逆転の傾向が出ています。家族葬や小規模な葬儀を挙げるために、会場を借りる人が増えているのです。家族葬の場合、家庭でのお葬式では、弔問に来る人をいちいち断らなければならない煩わしさがあります。会場を借りれば、家族や極親しい友人のみで故人を見送ることが可能です。このような傾向は、一般人以外にも、社会的地位がある人でも希望が増えていると言います。家族葬や小規模葬は、故人の遺志を尊重して行われることが殆どであると推測されます。自分の最期は、愛する人に囲まれて送って欲しいという考えの人が増えたためとも言われています。そして、その考えは、遺された家族への思いやりでもあるのです。葬儀の費用を通常の4分の1以下に抑えることで、余計な負担を掛けずに済みます。また、弔問客や親族への対応も、遺族にとっては一仕事になります。自分の死で、家族を煩わせたくないという思いやりが根底にあるのです。そのような考えの人は、東京以外でも増えています。