故人の親しい人のみで行なう葬儀|家族葬を行なうときの注意点とは

男の人

親しい人で故人を偲ぶ

葬儀場

お葬式の新しい形

葬儀というのは地域性や家族との関係性に深く関わってきます。なかなか個人の意向だけでは決まられない場合もあるでしょう。しかしながら、葬儀というのは大きな費用がかかります。一般的な形でも100万円以上の費用がかかります。残されたご家族のこれからの生活のためにも、必要のないものを省いた家族葬でお見送りされてはいかがでしょうか。そもそも「家族葬」という言葉について明確な定義はありません。ご家族をはじめ親しい人だけで通夜・告別式から火葬までを執り行う葬儀を「家族葬」と呼んでいます。家族だけで行うイメージがありますが小規模の葬儀であれば、広い意味では家族葬になります。多くの葬儀会社が、家族葬プランという名の小規模のプランを提供しています。安さを前面に出し、必要なものまで省かれていることありますので、利用される際には見積もり内容をよくご確認ください。親族の中で家族葬を行うのがはじめての場合には、親族から色々な意見が出てきます。その際には、家族葬が故人やご家族の意向である旨を、しっかりと伝える必要があります。葬儀の案内をした人以外の方か香典や供花の申し出があった場合、受け取るのか断るのか、しっかり統一しておくとよいでしょう。対応にばらつきがあると、混乱をまねいたり後々のトラブルのもとになります。家族葬の利点は、必要のない葬儀費用がかからないこと。もう一つは、ご遺族が多くの会葬者に対応する必要がなくゆっくりと故人を偲ぶことができることです。

新しい葬儀のスタイル

近親者や親しい人だけを集めて、落ち着いた雰囲気の中で故人との思い出に浸りたいという遺族の希望に沿った形式が、家族葬といえるでしょう。葬儀の準備はあわただしい中で行うことが多いです。大東市で葬儀を考える場合も、できるだけ事前に情報を集めておくことも必要です。

お葬式の二極化

豪華な葬儀が執り行われる一方で、近年支持を集めているのが、故人の大切な人だけで静かに執り行われる家族葬です。東京のメモリアルホールでは、小規模葬を挙げる人が増えていると言います。何時の時代も、葬式は一仕事であるため、遺族を煩わせたくないという故人の遺志が反映されているのです。

葬儀場を選べる時代へ

鶴見区には複数の葬儀場がありますが、事前に相談できるサービスや説明会などを行うところが目立ちます。葬式にもいろいろなタイプがあり、負担の少ない葬式を事前に選んでいくことができます。万が一のときに慌てず、納得のいく葬式を希望するなら、サービスを利用した対策を行っていく必要があります。